スポンサーサイト

  • 2019.12.26 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「フジヤマガンガン店頭」9月2日@三軒茶屋フジヤマ エーツー2コ、後藤勇コントラバス弾き語りトリオ、佐藤幸雄とわたしたち

    • 2017.09.10 Sunday
    • 18:18

    2月の「基本毎週末実演」から早半年、9月の毎土曜日に、同じフジヤマで佐藤さんと渡辺さんのコンビの仕掛けで面白いイベントが始まった。渡辺さんお手製の素敵なチラシ↓

     

    「渡辺さんと今度何かやろうって話になった時に、(ぼくが)やってることを面白いと思っている人の中から、ここでやったら面白いんじゃないかなっていう人たちに声をかけました(てくてくTVの佐藤幸雄インタビュー)」

    佐藤さんらしい愛と手間のかかった嬉しい企画。

     

     

    エーツー2コ

    「一番、エーツー2コです」とNHKのど自慢のトップバッターさながらに明るく場を盛り上げた2コさん。歌って踊ってお菓子も配れるハイパーアイドルユニット「エーツー」を中学3年で結成(相方リーベは現在産休中)。自作のハイパーポップな曲を無伴奏で派手な振り付けで歌うパフォーマー。他の観客は、ギャグや感覚、言葉の遊びを丸ごと同時理解/反応し、かなり受けていたのだが、自分は断片的にしか分からず、また、これは演芸なのか? ギャグなのか?文学なのか?とか気になったりでうまく頭に入ってこなかった。追いつけない、凄さは分かるけど感覚が時々しか合わない、でもインパクトは強く頭に蘇ってくるモヤモヤ。

    で、物販で購入した著書「2コが野に遊ぶそうな〜植物散漫譚〜」を読んだらこれがすごく良い本で、同時にライブの時のモヤモヤも解けた。

    そこには小さい頃の想い出、現在やっている野ゲーキ(=パティシエがケーキを作るような感じで土の上に野花植物をきれいに盛る野あそび)のことなどがとてもイキイキと書かれていた。野ゲーキ以外にも現代日本から急速に失われてしまった(ことも忘れてしまった)自然の中に身近にあったいろんな遊び・楽しみのことが書かれており、現代文明に毒されていない現役ティラノ系?ならでは豊かさ、説得力に溢れている。

    そう考えると、自分が何となく馴染めなかった無伴奏の演奏形態も2コさんにとっては自然体なのだろうし、音楽、芸能、お笑い、文学、アートといった区分も無意味なのかもしれない。ここまできてようやく「楽器があっての音楽」という形式に囚われてしまっていた自分に気付かされた。肩の力が抜けたところでこれからもっと楽しめそう。

     

    後藤勇コントラバス弾き語りトリオ(後藤勇(vo,cb)、坂ノ下典正(g)、米本実(自作電子楽器)

     

     

    彼らが登場すると、まるでフィールド・レコーディングの場のように、街のあらゆる雑踏が粒だって聞こえ、観客までもが佇まいという楽器にして参加しているようなマジカルな雰囲気に包まれた。良い空気のような、ハンモックでうたた寝してるような、枯れたサボテンを元気にするような気持ち良い音楽。

    普段一緒にやっているクラリネット奏者の都合がつかないため、2歳半のお子さんがメンバーとして参加。置いてある楽器(タンバリン、笛等)をインスピレーションとバイブレーション(?!)で演奏。賛否両論あるかもしれないが、僕は良かったと思う。人前でパフォーマンスする高揚感、ドキッとするほどビシッと決まったりしっくり来ることが何度もあった。

    その日、終わった後でフジヤマ店内に入ると良い感じの音楽がかかっていて何とはなく耳をそばだてていたら、尋ねていないのに「中の人」さんが親切に「さっき演奏したバンドの黄色いCDです」と教えてくれた。お店で扱ってないアーティスト物販のCDを楽しそうにかける店員というのもフジヤマらしい?!ちなみにCDタイトルは「4 / 後藤勇コントラバス弾き語りカルテット」淡い黄色い絵のジャケットby萩原としみつでお値段500円でした。

     

    佐藤幸雄とわたしたち

    新メンバー、柴草玲さんが急遽アコーディオンをもって駆けつけてくれ、嬉しいサプライズ。佐藤さん、POPさんと同じく「役にたってる感じ」の方に違いない。

    大地をゆるやかに進む鉄道のようなドラムと、そこに穏やかに、時に鮮やかに入る美しい音色のアコーディオン、いつもにまして若々しい佐藤さんの生声。3人で店頭で演奏する楽しさに溢れ、自然にまとまっていた。

    813日ひかりのうまでの柴草さんお披露目の研ぎ澄まされたインタープレイにも痺れたが、このメンバーでのいろんな可能性、まだ見ぬ未来に期待を膨らませてしまう!

    スポンサーサイト

    • 2019.12.26 Thursday
    • 18:18
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 「本当に毎日」2月23日@西荻窪ニヒル牛 佐藤幸雄
        Munion (10/26)
      • 「本当に毎日」2月23日@西荻窪ニヒル牛 佐藤幸雄
        トモ (03/28)
      • 佐藤幸雄とわたしたち 山本精一 7月29日@難波ベアーズ
        Munion (09/08)
      • 佐藤幸雄とわたしたち 山本精一 7月29日@難波ベアーズ
        ACO (09/04)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM